忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

C92で新刊「はじめての粉飾」を出します


夏コミの3日目に新刊出します。といっても既刊なんてないんで、新刊って言ってみただけです。

サンプルはこんな感じ。




人間に好奇心がある限り、クライムサスペンスには往々にして興味を惹かれるもので、アメリカの殺人ホテルの話とかかなり面白く読めちゃいますし、テレビのゴールデンタイムでは地下にトンネル掘って成功した銀行強盗の話を何度も放送しています。それらに比べると絵は地味ではあるものの、スポーツ系ワルに対して、粉飾決算も文系ワル路線として相応のエンターテイメントの可能性を持ったコンテンツのような気もするのです。アサシンクリードもGTAも面白いんだから、粉飾だって何とか上手くやりゃ面白くなるんじゃないでしょうか。あとは絵面ですよ、きっと。

そういうわけで、本書はかなりエンターテイメント路線に寄せており、いわゆる「お固い」本の多い会計ジャンルの本としては、一応の独自性をもたせることができたのではないかとは思います。

粉飾を「解説する」のではなく、粉飾を「やる」ストーリーとして、各粉飾手法に対して事例の説明は1ページしか割かず、メインは「どうやって赤字を黒字にするのか」を5パターンほど主観的に追っていく作りです。良い子は真似しないようにしましょう。

昔、ゲーム業界決算まとめって書いてたんですけど、内容はともかく雰囲気的には似たような感じに仕上がりました。結局同じ人間が作ると同じようなものができてしまうのです。だから人間は適当なところで死んで、必ず次の人にバトンタッチしなければならないのだなぁと改めて思います。



頼んだ絵のキャプションが「売り上げ」で上がってきたので「売上」に直してって言ったら、絵師にキレられましたが私は元気です。
いや、別にそれでも日本語として正しいのだけど、会計では「売上」と書くのです。きっと、こういった無駄な送り仮名のこだわりが今日もどこかで日本の生産性を落としているのでしょう。日本語に送り仮名があるのが悪い。日本語なんて適当でいいんだよって生産性向上委員会でやってくんないかな。

公用文の書き方とか発狂しますもんね。「とおり」を「通り」と書いてはいけないとか、「もしくは」は「若しくは」と書かないといけないとか色々あって、公用文の書き方の基準(PDF)読むたびに公務員の人は発狂しなくてえらいなぁといつも思ってます。


場所はこの辺みたいです。



計60ページで700円の予定です。調子に乗ってIndesignとか使っちゃったので赤字です。てへ。
日曜日東のア-52b「当たり判定ゼロ」です。よかったら来てください。
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
りくぜんさんの文章、いつも楽しく拝読させてもらっております。
今回の御本も読みたくて仕方がないのですが、地方の民へのお慈悲(いわゆる通販)はございますでしょうか…
名無し 2017/07/22(Sat)00:11:24 編集
無題
凄い読みたい!!
コミケは仕事で無理なので、デジタル版でも良いので通販の慈悲を!
いさわんこ 2017/07/22(Sat)11:08:59 編集
無題
諸事情により通販・委託はなしです。申し訳ないです。

そもそも性格的には印刷物よりはWEBに置いてみんなで見れるようにした方がいいじゃん派なんですけど、今回のはどうしても絵を置いたデザイン志向にしてみたかったというのと、一応悪いことの教唆なので堂々とネットに置いてるのは果たしてどうなのか(怒られそう)というのもあり、流通に制限がある形にしてみました。個人的に一度本という形にしてみたかったというのもあります。

とはいえ、非常にありがたいお言葉をいただいているので、何らかの形でフィードバックできればいいですね……。
りくぜん 2017/07/22(Sat)23:50:04 編集
ご回答ありがとうございます。了解なのです。
今回は粉飾できなさそうで残念ですが、よく考えてみたら自分には現金も資産も職も無いのでとりあえず宝くじを買うところから始めてみたいと思います。
次回の記事も楽しみにしてしておりますです。
名無し 2017/07/23(Sun)08:23:48 編集
無題
全て実際にあった事件を扱うのですね。
メディアートとか聞いたことも無かったんで目次の東芝の名前を見るまで気付きませんでした。
当日は「東芝、ライブドアに学ぶ!」とかのポップを立てておいた方が内容のイメージを掴みやすいかもしれません。
ゲーム関係の企業が出てこないのが残念です…
名無し 2017/07/24(Mon)18:55:09 編集
無題
事例紹介だとリバースエンジニアリングになって本屋でよくある本になってしまうので、ほんとオマケで1ページ付けてるだけですよ。期待するとハゲます。
粉飾の事例を紹介する本ではなくて、前向きに粉飾をやっていく本になってます。
りくぜん 2017/07/24(Mon)20:39:29 編集
無題
いつも楽しく拝見しております。
「はじめての粉飾」を是非購入いたしたく、電子データの販売をご検討いただければ嬉しく思います。
noteでの販売もしくは、PaypalやLINEPAYなど、簡易に課金出来る方法もございますので、電子版でのリリースお待ちしております。
kawawaki 2017/08/08(Tue)02:17:57 編集
無題
いわゆる「良い子は真似しちゃダメ」な内容なので大手を振って売れるものでもないんですね。日陰でコッソリやってるうちは良い類の本なので、身の程を知るのが大事だと思っております。いわば地面のカビです。
というわけで電子版も予定ないです。申し訳ないです。
りくぜん 2017/08/08(Tue)23:57:46 編集
Clear