忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

ゲームのふりかけ

「タダより美味いメシはない」「空腹は最高のスパイス」という言葉にもあるように、人はモノそのものだけでなく、その時の気分や周辺情報も総合的に咀嚼した上で価値を判断する生き物です。私も先般スーパーに行った際、18時半であるにも関わらず30%オフのお弁当があったので思わず買ってしまったのですが、とても気分よく食べることができ、30%のシールが貼っていると貼っていないとでは段違いの美味しさに感じられました。このことに気がついてから、30%オフのシールを炊飯器に貼ってお米を炊くようにしているのですが、何だかありがたみを増して味が良くなったように思います。本当です。嘘だと思うなら皆さんも試してみてください。

シャネルやヴィトンなどのブランド物も、物品そのものではなく調味料である所有ステータスによって情報的に味付けがされて、それが価値となっています。前にどっかで言った気もしますが、極端な例だとミクロネシアのヤップ島では、石が通貨として使われていて、大きさや形に意味はなく、石貨の価値は、石がどのように運ばれてきたかというストーリーによって決められていたそうです。古来から情報味付けの価値がわかっている人々はいたということです。

奢りというスパイスでご飯が美味しく食べられるのならば、本来的に娯楽であるゲームにおいては、義務である労働や教育による味付けが可能です。普通に病欠とかで身に覚えがある人は多いと思いますが、本来やるべきことを投げ出して遊ぶゲームほど面白いものはありません。背徳感にゾクゾクする何だか変態的な感性は本来誰しも多かれ少なかれ持ち合わせているからこその結果ではないでしょうか。おそらくですが、投げ出すものが大きければ大きいほど快楽も大きくなるのです。何かを得るためには同じくらい失わなければならない、みたいな趣旨のことは錬金術士も言ってましたし。

あくなき快楽を追求しようとする人たちがいます。「美食家」というものは全てを投げ打って最高の食体験を追求する人たちと聞いていますが、ならば全てを投げ打って最高のゲーム体験を追求する「美ゲー家」という人たちが我々の知らないうちに存在する可能性があります。

「美ゲー家」たちにより構成された「美ゲー倶楽部」は、いつか投げ打つその日のために努力を続けた政治家・上場企業会社役員・投資家ら一定以上の収入、資産及び社会的地位を持ち合わせた人物にのみ入会が認められるハイソサエティーによる会です。
会員たちは、もっとも重要な外交交渉や商談があるタイミングを見計らってすっぽかし、ゲームを楽しみます。無知な第三者から、はた迷惑な行為に思われてしまうことも多々あり、今の地位を追われてしまう可能性は極めて高いものです。多くの人は尻込みをすることでしょう。しかし彼らはやるのです。最高のゲーム体験をするために、日米首脳会談をすっぽかす。なんと気高い行為でありましょうか。

「こ、こんな面白いデスクリムゾンは味わったことない…。面白い…。ほんま面白い…。これに比べると昨日まで遊んでたデスクリムゾンはカスや…」

その威力ゆえに、ときに正しくない結論を導いてしまうこともありますが、何かを投げ出すことはやはりゲームの味付けとしては最高のものと言えるでしょう。ただ、投げ出すにしても要所でのみ行うようにすることはポイントだと思います。あまりに普段から投げ出してばかりいると先に親が匙を投げてくるので気をつけてください。

PS4購入雑感

ロンチタイトルで欲しいのあるかというと個人的にはグッと来るものないですし、それより影牢の新作とかダークソウル2とかProjectDivaF2とかウイニングポスト8とか近々欲しいものがたくさんあるのだけれど、それでもとりあえず趣味には金を惜しまず投下しておくとまぁそこそこは楽しい人生を送ることができる気がします。ウメハラも「何かを得ようと思えば、まず何かを失わなければならない」みたいなことを言ってた気がしますし、もやしばかり食べて食費を失えばPS4を得ることができます。
なぜ欲しいソフトもないのに発売日に本体買うのか?という疑問に対しては「そんなカネ惜しんでもどうせみんなそのうち死ぬんやで(極論)」みたいな回答しか手に入れることはできませんでした。

  • 本体はPS3より小さくて日本人のウサギ小屋にも優しい。WiiUよりちょっと大きいくらいなのでWiiUの下に置いてる。電源コードにカステラがついていないのもグッド。稼働音もゲームやってたら気がつかない程度。電源ボタンはボタンというより、ボタンの前に指を置くくらいのイメージで反応する。ボタンが小さすぎて最初どうやって起動するのかわからなくて自分が原始人みたいに感じられたところが未来機器っぽかった。コントローラーはL/Rが押しやすくて良い。
     
  • 画像はきれいといえばきれいなのだけれど、この手のきれいさの表現って限界効用逓減の法則みたいなのがあって、PS1→PS2のときよりPS2→PS3の感動は薄れて、PS2→PS3のときよりPS3→PS4の感動は薄れてる。たぶんPS5の感動はこれより更に小さくなるのだと思う。未来のゲーム機としては画質以外の体験を重視すべきだし、WiiUのゲームパッドもそんな発想だろうけど、全体としてそういう方向に進みつつあると思う。グーグルグラス的なものを装着して「ダイブ!」とか叫んで向こう側に飛んじゃう世界の訪れは近い。
     
  • ただアサシンクリードの画質は親より上の世代に見せてみたい。普段ゲームを遊ぶ側としてはステップ・バイ・ステップの進歩を見てきているし、自分としてそんな画質を気にするタイプではないというのもあるので感動は小さいのだけれど、普段ゲームを遊ばない側に最新鋭のゲーム時代を説明する力は画質が強いと思った。
     
  • ナックをDLしたら38GBとか表示されたので当日は遊べないかと思ったけど、4GBをDLした時点でチャプター2-4まで遊べるようになった。ギガ単位ゲームDL時代のシステムとしてすばらしい。あと、ナックはPS4の力を体感させるためのゲームとしてみると力不足だと思うけど、気楽に遊ぶ分には悪くないアクションゲーム。
     
  • ナックさんは「爆★散!」って感じで豪快に飛び散って死ぬところが好き。ショットガンで肉塊を飛び散らすギアーズのマーカスさんとかドムに匹敵するゲーム史上屈指の派手な死に方をするキャラクターだと思う。
     
  • コントローラーからSEが出るのは良い。PS4で最も未来感があるのはRESOGUN遊んでて「ヒューマン デストロォイ」って機械ボイスが聞こえてくるところ。機械に「ヒューマン」って言われるの好き。
     
  • PSVitaのリモート操作は、ほとんどラグのないネトゲ遊んでるような感覚。逆に言えばちょっと遅延あるし、環境のせいなのかもしれないけどキャラがワープするときもある。WiiUゲームパッドほど完全に同期は取れない。でも全体として遊べるレベルではある。
     
  • 配信は、メニュー画面からすぐに飛べるレベルで他人のプレイが結構気軽に見れて敷居が低い。FF14の配信を「へー、こういうゲームなんだー」って思いながら見てた。ただ画質はそんなにきれいじゃない。放っといてもニコニコとかで配信されてしまう時代だから、それをいっそのこと取り込んでしまった形だと思うけど、ニコニコみたいな外部サービスよりは購入欲に繋がるかも。なにせそれを見てる時はコントローラーを手にしているわけだから、自分が買って遊ぶまでに遷移する工程が短い。
     
  • PSStoreの動作がやたらスムーズになった。PS3のときはモサモサしててストレスがマッハだったからなぁ。あれってサーバー側じゃなくてクライアント側でもたついてたんだ。
     
  • まだ遊んでるゲームの数が少ないから全体としてはわからないけど、HDDにゲームを入れてしまうからか全体的にロードが短くて、気持よく遊べてる。思えばPS1とかPS2のロード地獄は苦行だった。「ゲーム機に必要なのは、何より短いロード時間。待ってる時間なんてゲームじゃねぇ!」って思ってたけど、あのとき待ち望んでたスピード感は実現された感ある。
     
  • 例のとおり友達がいませんので、よかったらフレンド登録ください。PSNIDはrikzen_zeroです。

第12回MMD杯見てた

MMD杯はわりと毎回見てるんですが、とてつもない才能が突然現れるだけでなく、MMDを触れる技術のある人達がこれだけいるという裾野の広さに、モノ作りが一切できない人間として見てて感嘆する一方で心のなかの麻生太郎が「おめぇ今までなにやってたんだ?」と問いかけてくるので辛いです。

とりあえず個人的に良かったもの5本。

ネギバットPの新作。ノックのフォームとか打球感、ボールを投げるフォームの完成度高い。野球好きが伝わってくる感ある。

羽生さんの解説が神がかってる。

謎の技術系

かわいさ部門優勝。10回位リピートした。

メガネいいですね。

今さら聞けない『アイドルマスターシンデレラガールズ』とは?

モゲマス経済二年史、あるいはスタドリ思い出話
asakura-t
このへんの歴史も興味深いのですが、モゲマスのゲーム性とかゲームフロー的なものを知らないのだけど今更聞けなくてつらいので誰か教えてください…。こんな感じのでいいので>http://d.hatena.ne.jp/asakura-t/20140209/kancolle
リクエストがあったので、がんばって答えます。Wikiの記述等と少し違うかもしれませんが、その辺り個人的な解釈が入っているかもしれませんのでご容赦ください。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』とは、アシスタントの千川ちひろさんを通じてバンダイナムコホールディングス、DeNA及びCygamesに貢ぐことを目的とするゲームです。プレイヤーはアイドルのプロデューサーとなり、定期的に更新されるガチャでアイドルを買ったり、イベントで走るためにドリンクを買ったりすることができるなど、自由度の高いフリー課金システムを採用していることが特徴です。

一度のガチャで目玉のSRを1枚得るために必要な投資額は、日本円にして約5万円。1回のイベントで上位報酬(1200位以内)を獲得するために必要な投資額は、日本円にして約2万~5万円程度と言われています。
イベントは、サービス開始から2年間断続的に開催され続けてきており、前のイベントが終了してから次のイベント開始まで中2日以上空くことはほとんどなく、プロデューサーは常に働かされ続けます。イベントは様々なものが手を変え品を変え提供されますが、代表的なところでは、APのような時間経過またはアイテムで回復できるポイントを消費して敵を殴ったポイントを競うイベントや、日本円で買えるアイテムをアイドルに与えて得られるポイントを競うイベントがあります。

最も盛り上がる「フェス」と呼ばれるイベントは、プロダクション同士の対抗戦で、回復アイテムを消耗して相手を殴り続けてたくさん殴ったほうが勝ちとなります。「札束で殴りあう格ゲー」という異名で呼ばれているのがコレです。上位報酬を取って目立ったり、フェスで仲間のためにたくさんお金を払うとまわりの人が褒めてくれますが、承認欲求がどーたらこーたらとネットでインテリの皆さんから言われて嫌な思いをするデメリットもあります。
しかし、本作においては「ソシャゲは重課金が無課金を一方的に殴って優越感を得るゲーム」という理解は当てはまらず、重課金プレイヤーが無課金プレイヤーを殴る必要性はほぼ皆無な構造であり、仕組み上、重課金者は重課金者同士で順位を争うことになります。また、多くの無課金はライトユーザーであり、そんな上位の争いにそもそも興味が無いため、結果的に重課金同士で争い、称え合っているのが実情です。

カードの性能だけでなく、プレイヤーであるプロデューサーの性能も育てることができます。
プロデューサーには「スタミナ」「攻撃」「守備」の3つのステータスがあり、「スタミナ」は仕事を進行させ経験値を稼ぐために使用します。「攻コスト」は他のプレイヤーを攻撃するため、「守コスト」は他のプレイヤーから攻撃を受けても弾き返すために使用します。ただし、前述のフェスなどで回復アイテムを使わせてたくさん攻撃させることが課金に繋がることから、守備にイベントなどでの優位性は設定されておらず「守コスト」は実質死にステとなっており、2chの本スレなどで「モバマス始めたんだけど、どのステータス上げていったらいい?」と尋ねると「最初は守備上げてガード固めておけ」などと親切なアドバイスをいただくことができます。なお、一度振ったステータスは、プロダクションに所属してもらえるボーナスポイントを入脱退して振り直しする以外は、振り直すことができません。

アイドルにはそれぞれ「10」「16」のようにコストが振られており、プロデューサー(プレイヤー)の攻コストの範疇でバトルに参加させることができます。たとえば攻コスト100のプロデューサーはコスト16のアイドル6人でほぼ一杯となってしまいますが、コストが200あるプロデューサーは12人と少し(端数は本来のコストから按分して能力を発揮)参加させることが可能です。
このシステムには問題があって、プロデューサーの保有コストが多ければ多いほど有利になってしまいます。すると、先行者有利に歯止めがかからないため、人口の新規流入が期待できません。ネトゲは多かれ少なかれ先行者有利なものですが、後発参入者でも不利とならない施策を打ち出して流入の活性化を図る必要があります。
そのため、最近のイベントではイベント用に手持ちのアイドル10人を選んで参加させる仕組みが採用されています。いくらコストがあっても11人以上参加させることはできません。Sレア10人を参加させる程度のコストであれば、その気になれば1ヶ月もかからずに確保できますので、後発参入者でもすぐにイベントで上位に食い込むことは可能です。必要なのはちょっとした覚悟と札束だけです。このようにヒエラルキー的にどのポジションにいても、課金で一気に上位に食い込むことができる仕組みが維持されているため、すべてのプレイヤーがどのタイミングでも自由に課金を楽しむことが可能となっています。

人口の流入は、モバゲーお得意の「招待」という手法でも担保されました。モゲマスを始めていないお友達に招待メールを送って始めてもらうと、お互いに利益があるという仕組みです。最盛期は聖教新聞の勧誘もこれほどではなかろうというほど目の血走った人たちが招待特典を求めてさまよい歩きました。親兄弟が見ていない間にケータイを失敬し、ポチポチと番号をモバゲーに売り渡した外道も少なくありません。
売り渡すのは人間そのものではなく番号であるというのもポイントの一つで、特別な方法で友達をたくさん作って招待する方法もあったようです。モバゲーのプロフィールの友達欄に、食べ物の種類が並んでいたり、魚の種類が並んでいたり、ずいぶん変わった名前の友達をたくさんお持ちの方なんだなぁと思われる人たちも存在します。
ただし「バンナムとDeNAに貢ぐ」というゲーム本来の遊び方から外れた一種のバグのようなものであるため、不思議なお友達を持っている人たちは、見つかり次第みな殺されました。

不要となったアイドルは「フリートレード」という市場に出品することができます。そこでは、ゲーム内のスタミナ回復アイテムである「スタミナドリンク」(通称スタドリ)が主要通貨として機能しています。スタドリは通常購入の場合、1本100円。もっとも高いSレアはスタドリ1000本弱の価格帯となっており、「アイドル1枚10万円」の由来はここから来ています。ただし、スタドリを1本100円の正規の値段で買っている人はほぼおらず、セットでまとめ買いすると割安であったり、ガチャのおまけでついてきたりするので、実質的には1本100円未満で調達可能です。

フリートレードに出品するためには、トレードチケットが必要ですが、手持ちのチケットが3枚以内の場合、3枚を上限に毎日無料で付与されます。トレードチケットは、ガチャを回してもおまけでついてくるので、数千枚持っている人もザラにいます。2012年7月以前は、フリートレードというシステムがなく、外部掲示板で条件を交換してトレードを行う商法が主流でした。トレードチケットという売買回数のキャップがないことから、相場の流れを上手く読めば課金なしでスタドリを増やして成り上がることも可能であったため、多くのプロデューサーが人身売買の道に堕ちました。しかし、現在でも値動きの激しい高い価格帯のアイドルに絞って投資するなどすれば、トレードチケットを多く消費することなく利ざやを稼ぐことが可能です。

レア以上のアイドルが引けるガチャは通常1回300円ですが、スタドリが15本ついてくる10回3000円のセットなど、様々なセット商品が常時提供されています。ガチャの確率は、SR1.5%レア98.5%という良心的な比率なので安心です。SRを引いたとしても、トレードに出してもスタドリ1桁にしかならない、いわゆる「ハズレ枠」も多く存在するため、万が一、SR確定演出が出ても最後まで安心できないスリルを楽しむことができます。
もし仮に1セット3000円だけの投資で目玉アイドルを引き当てることができたものは「あんたん」と呼ばれ蔑まれます。「あんたん」とは「安心の単発ID」の略で、すなわち他のプロデューサーに「3000円で引けたんだからお前も引けよ!イケるよ!」と単発IDで報告して射幸心を煽ってくる工作員のことを指します。実際は、3000円で引けるわけないですし、引いたという報告はすべてウソです。ガチャにはせめて3万円は握りしめて望みましょう。

最後に『アイドルマスターシンデレラガールズ』でプロデューサー生活を始める魅力を。
どうしても課金ばかりに目が行きがちな本作ではありますが、1時間で消費ポイントが全回復してしまうイベントに2週間ほど張り付くために生活を失う苦痛、上位を目指すために数時間張り付いて回復しては殴り回復しては殴りしなければならない労働感、手持ちのアイドルが時間とともにどんどん値下がりして自動的に資産が目減りしていく悲しみなど、お金で買えないたくさんの価値をマスターカードばりに得ることができるのです。
いつか訪れる、ゲームを終える未来に「あぁ……自分は一体なんということをしていたんだ……」というかけがえのない思い出を約束します。

なぜOZは3人なのですか?

2005年、コナミは『OZ-オズ-』という名作アクションゲームをリリースしました。
「なぜOZは3人なのか」というホッテントリ感に溢れるキャッチフレーズは、ゲーム雑誌の誌面においてもそれなりのインパクトがありましたし、買わないまでもフレーズだけは知っている人は多いのではないでしょうか。しかし、ソフトの発売からはや9年。世界には「なぜOZは3人なのか」という言葉だけが残され、OZが3人だった理由は風化し、時代に置き去りにされてしまったようにも思います。今や日本人の10人に1人すらOZが3人だった理由を知らないとさえ言われています。
しかしOZは事実3人なわけで、その事実をもってして「なぜか」と我々に問いかけてきます。確かに言われてみれば、なぜ3人なのか…。かつて伊坂幸太郎も「3人は銀行強盗の分け前が割り切れないからダメだ!」と口を酸っぱくして言っていたというのに、なぜ3人なのか。OZは割り算ができないのか。

戦国時代の刀の作り方は、平和な江戸時代、明治時代を経て鋳造方法などの技術の伝承が失われたと聞いたことがあります。確かにRPGでも古代の剣とか拾うと謎に強かったりします。ロストテクノロジーってやつですかね。
情報は、時の風化の前に無力です。桶狭間の戦いがどんなものだったか未だに人にって意見が異なりますし、邪馬台国の場所もはっきりしないかもしれません。失われた情報は、推測するしかないのです。一体OZはなぜ3人という道を選んだのか。

我々は『OZ-オズ-』がアクションゲームとしてリリースされていることに目をつけました。つまり、彼らはアクションゲームの住人として効率的に敵を攻撃する必要性に迫られていたのです。その中の戦法として、彼らは3人で縦一列に並び、敵から見た時に1人だけが向かってきているように見せかけ、それぞれが一撃ずつ加えて離脱するという戦法を編み出した可能性があります。だからこそ3人という数を選択したのではないでしょうか。2人だと致命傷まで至らない感じがするし、4人だと攻撃が長過ぎます。と、一見妥当性のある説のように思えますが、OZは主人公であるという観点を加えてみるとどうでしょうか。イチイチ前の2人に回避行動を取らせてわざわざ1人の敵を殴りに行くのは操作が面倒臭い上に、ガンダムには通用しないという欠点があるのです。こんな主人公は失格です。だいたいそれはOZではなくドムではないでしょうか。

困った我々は次に『OZ-オズ-』はコナミから発売されているという点からアプローチを試みました。コナミといえばスポーツゲームの大家。するとウイイレやパワプロのように、OZもスポーツなのでは?と考えるのは自然の流れです。言われてみれば、ゲーム内でも何かを上に打ち上げたりしてた気がする。
しかし「ACミランはなぜ11人なのか?」と聞かれることはありません。言われなくともみんな知っているからです。ヤンキースタジアムの前に「ヤンキースはなぜ9人なのか?」とか書かれてても、新しいアメリカンジョークか何かと思われてニューヨーカーがHAHAHAと笑うだけの効果しかありません。ではなぜ、OZは3人であることをアピールするのか。おそらくOZは相当珍しいスポーツを遊んでいるのではないでしょうか。「セパタクローって何人で遊ぶんだっけ?」とか突然聞かれると「ろ、6人くらい……?」としか答えようがないように、マイナーなスポーツは遊ぶ人数さえ言われても答えられないところがあります。
ここで我々調査班は行き詰まりました。そういえば3人で遊ぶスポーツってあったっけ…?調査班の在宅スキルの高さが裏目に出た形です。やむなく「スポーツ 3人」で検索窓に打ち込んでご神託を待ったところ、「フラッグフットボール」という競技は3人で遊ぶことができることがわかりました。フラッグフットボールとは、アメフトの簡略版みたいなもので、タックルを腰につけたフラッグを奪うことに置き換え、より安全にアメフトが遊べるようにしたものだそうです。確かに3人で遊べるとか言われてもピンときません。なるほど、OZは「なぜ3人なのか?」とぶち上げることで、フラッグフットボールという競技を日本にも浸透させようとしていた熱き男たちだったのでしょう。

なるほど、なるほどなー。OZはフラッグフットボールを遊んでたんだー……。

…。

……。

んなわけねーだろうが!!

私は、かれこれ3ヶ月くらい「OZはなぜ3人なのか」思い出せない障害に苦しんでいます。上司から怒られてるときもOZのことで頭がいっぱいで何を言っていたのかさっぱり覚えていませんし、朝も寒くて布団の中で粘っていたら遅刻してしまいました。それに結局アマゾンでPS4を予約できませんでした。OZはなぜ3人なのか……せめてあと1人呼んで麻雀やりたいとか思わないのか……。ああああああ。

なぜなぜメソッドのホッテントリで「朝早く起きるための5つのこと」を読んだはいいものの「うぉぉ、4つまで思い出せるけど、あと1つ何か思い出せなくて眠れねぇぇぇ」みたいな被害に苦しんでいる犠牲者は今でもたくさんいます。犠牲者の方々の心の救済を行うためにも、どうか一刻も早くなぜなぜメソッドが滅ぶことを願ってやみません。
Clear