忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

復活から1年 伝説のMMO「神の道」で「神」が実装

月日が流れるのは早いもので、あのゲームが復活してから1年が経ちました。
あのゲーム。そう、みんな大好き「神の道」です。大好きですよね?(確認) 1年前に謎の復活を遂げたときは軽く遊んでそのまま死んだアカウントを持つ人も多いのではないかと思いますが、どなたか実際に「神」になれた人はいますか?

「神の道」は「神」になるのが目標のゲームですが、そういえば神になったという人を聞いたことがありません。
それもそのはず、「神の道」では「神」は実装されていなかったのです。オレはようやくのぼりはじめたばかりだからな、このはてしなく遠い神の道をよ…状態だったのです。


しかし、「神の道」は男坂とは違い終わりがないので、あれから1年間にわたり地道に、そして執念深くコツコツとアップデートが続けてられてきました。わりとハイペースに月に何度もアップデートが続けられており、その姿はかつてαテストで開発が投げっぱなしにされた伝説のゲームと同じとは思えません。この根気がMMO全盛の13年前にもあればと思うと涙が止まりませんね。ちなみにどうでもいいんですけど、「全米が泣いた」ってあるじゃないですか。例えば全米が3億人で、1人が2mlの涙を流すとすると、なんと60万リットルの涙になるわけですが、ここで日本人が大好きな東京ドーム換算すると、1東京ドームが12.4億リットルなので、「全米が泣いた=0.0005東京ドーム」となります。全米の約2000倍の規模を誇る東京ドームはやっぱり偉大ということがわかるのです。ほんとどうでもいいですね。

さて、本題に戻ると、長きに渡る地道な更新が続けられた末、6月16日ついに「神」が実装されました。「神の道」は本当に「神」への道を作ったのです。しかし、「神が実装される」とか、一体何書いてんだというか、この先二度と書かない文字列っぽい感がすごい。

そんなわけで私もちょっくら神にでもなってみようかと、少なくともローソンに行くよりは強い気持ちでここ1ヶ月ほど「神の道」遊んでまして、結果、まだ神にはなれてないのですけど、少し気になることがあったので中間報告です。


ログインユーザーはだいたい平日夜でこんな感じ。「神の道」では、ログイン中で最後に指示した行動を3日にわたってキャラクターが実行し続けるので、実際にログインしてみるともう少し人がいます。
1ヶ月毎日ログインしてみた結果、体感ベースで10人弱のアクティブユーザーが今でもいると思います。後述しますが、その中には条件を満たして「神」になった廃人プレイヤーも存在します。もうこの領域まで来ると、かの諸葛先生も「他にすることはないのですか」とコメントできないレベル。本当にすごい。インターネットは広い。宇宙だ。

「神の道」では、すべての場所で「地鎮祭を行う」というコマンドがありまして、要するに土地に対して金の寄付をすることができるものですが、その場所での寄付額が1位になると土地の「長者」として他のプレイヤーの画面に名前が表示されるという機能があります。

で、その「長者」、よく見てみると

 
この場所でも…はまちや2……

 
この場所でも…はまちや2……

はまちや2という人が多くの場所で長者になっています。はまちや2……こんに…… 一体何者なんだ……。


それもそのはず。全プレイヤーの寄進額ランキングも見れるのですが、はまちや2の寄進額は圧巻の92,153,620,000両。1回の寄進の単価の最高額が1,000,000両で、1回の寄進には選択のために最低4クリック必要なので、最低でも92,153×4で368,612クリックが必要な計算。約37万クリック…。ゲーム内で大金持ってるとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味ったぜ…。
これ真面目にやったら頭がおかしくなっちゃうよぉと思って、神の道の途中で心折れかけてこんなこと書いてる理由もここにあります。


ちなみに7月17日に上級職が実装されたのですが、はまちや2さんも上級職である上忍に就任されていたので今も数少ないアクティブユーザーであることは確実のようです。



「神の道」では6月16日の神実装以降、2人のプレイヤーが「大神」となっています。
「大神」となるとプレイヤーの名前がサーバー名になる特典があります。今は「ユウマ」さんの世界と表示されますが、その前は「toro」さんの世界でした。

神になるためには「天叢雲剣」「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」の3つのアイテムを集める必要があります。「天叢雲剣」はゲーム内にある88箇所の札所をすべて廻り押印すること、「八咫鏡」はすべての洞窟の主を倒すこと、「八尺瓊勾玉」は100億両寄進することが入手条件となります。
100億両の寄進…ここでまたも我々の前に姿を現すのか…クリック問題…。簡単に計算してみると、1回100万両寄進することができるので、100億両寄進するためには1万回の作業が必要となります。1回の寄進作業に4クリック必要なので、必要なクリック数はそれでも4万クリック。これならクッキークリッカーの方が連打が効くだけまだ気持ち精神衛生上優しいのではないかと思えるほど。神の道とはそれほど厳しいものなのです。

ちなみに私の進捗状況は、「天叢雲剣」を手に入れるために88箇所の札所を巡っているところなのですけど、店売りの装備だとそろそろ敵の対応に困るところが出てきている感じです。強力な装備が手に入らなくてわりと行き詰まってきているんですけど、店売り以上の武器ってどうやって手に入れるんですかね。当たり判定ゼロでは「神の道」の攻略情報を継続的に募集しているので、みんな積極的に「神の道」を攻略していってくれよな。

   
そういえば、はまちや2にやられっぱなしというのも悔しいので、一箇所寄進額の少ない僻地を見つけて

    

手持ちの資金をつぎ込んで制圧しておきました。

ソシャゲのバトルスピリッツでサービス最終日だけ1位をかっさらったのを思い出します。この圧倒的小物行為、なんだか懐かしい感じです。
他の場所だと寄進額が億単位のところも多く、領主になることと引き換えにクリックで指に障害が起きてしまう恐れもあり、はまちや2の牙城を崩すのは簡単ではありません。

本筋の神からは随分話がそれてしまいましたが、システム上、それは神でなかったとしても、こんにちはの神を打ち倒すことはまたその行いも神と言えましょう。
そもそも100億両貯めること自体大変なんですけど、その先にある37万クリックを乗り越えた新たな神が誕生することを心から願うものであります。
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear