忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

そして週明の扉を

時の移ろいは、切ないものですが場合によってはゾゾッとするような感情をもたらすものです。
先日、CDケースをゴソゴソと漁っていると出てきたのは『ラグナロクバトルオフライン』。
やや懐かし。これはやらずにおられようか。しかし一人でやるのは寂しい。そうだ同志を募ろう。

というわけで三連休なのです。
会社の先輩が海外に行ったり、実家に帰ったり、デートしたり有意義に時間を使っている中、負けじと集まってくれた有志とラグナロクバトルオフラインに興じるのでした。
貴重な三連休を私の個人的感傷に付き合ってくれたお二人には感謝したい。
ちなみに、なぜか拡張パックがなくて困ったので、同人ショップに買いに行くものの売っていない。イマドキの古いゲームはメロンブックスのダウンロード販売なのですな。ちぃ覚えた。

しかし、客観的に見ると狭い部屋に集う四捨五入して三十歳の男三人。なんともおぞましい光景である。
「これって学生時代の構図となんら変わってなくね?」
この一言が全てを物語っていた。そういえば五年ほど前に全く同じ光景を見たような気もする。
・・・全く成長していない、と安西先生に言われても返す言葉もない。

今回、32インチのテレビにPCから画面の出力を行い、遊んでみたのですが、これが案外綺麗なのですね。やや感動。ジャギーとか目立つかなぁと思っていたのですが、心配無用でした。快適快適。

しかし、いつの時代になってもこういうベルトアクションはパーティプレイが楽しいですなぁ。ゲーム性的にはパターンも少なく、ごり押しになりがちな面もありますが、これがまた面白いのなんの。

ところで休みの昼間っから大の大人でギャーギャー騒いでいる我々でしたが、世間のオトナの皆さんは一体どのような休日を過ごされているのでしょう?動物園など行かれるのでしょうか?夜はやはりガウンを着られるでしょうか?いい年して休みの日にゲームばかりやってるのはやめなさい、とかお母さんから注意されたりしないものなのでしょうか?
連休の過ごし方もなかなか難しいものです。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear