忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

だんえた2

だんえた2ShootingStar

やばい、おもしろい!おもしろいよ!

思わずこの2日間、家にいる間はずっとやってました。
テンポがいいゲームはなかなか抜け出せない。

いわゆるローグライクの風来のシレンちっくなゲームなのですが、本作の特色は以下の通り。

  • スキルがある。PS版トルネコ2の戦士や魔法使いみたいな感じ。つまり、MPを消費してHP回復や攻撃魔法などの特殊な能力が使える。
  • 職業がある。職業ごとに異なるスキルツリーを持っており、基本ステータスも異なる。明確に強さの違いはあり、シーフとかマジで弱い。ちなみに全19種と多い。
  • アーティファクトと呼ばれるユニークアイテムがある。普通の盾かと思いきや、『☆八咫鏡を装備した』とか言われるとちょっと嬉しい。モノによってはかなり強力なものもあり、引けたらかなり有利。逆に言えばそのあたり運ゲーの要素がある。
  • アイテムと同様にモンスターにもユニークモンスターが存在する。ユニークモンスターは特殊なモンスターハウスにてその部屋の主のような形で登場する。倒すと特殊なアイテムゲット。
  • 武器や防具を装備しても、主人公のグラフィックは変わらない。何を装備しても常に素手で殴ってるように見えるのは少し悲しかった。
  • モンスターの種類がそれほど多くないような。こんなもんだっけ。アイテムの種類はアーティファクトがあるため、結構多いと思う。
  • 不思議のダンジョンシリーズと比べると難易度高いような。実はNormalさえまだクリアできてない有様。

 

総合的に見て不思議のダンジョンシリーズと比べても見劣りしないあたり凄い。
シレンDS買うのを先送りにしそうな勢い。やられました。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear