忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

月曜日はオブリビョンと共に

最初の地下道から抜け出したときの世界の広大さのインパクトと言ったら!
目的はアバウトに示されるだけで、そこに行ってもいいし、行かなくてもいい。洋ゲーにあまり見識がないので、他にコンシュマーで例は挙げられないんだけど、ネトゲならUOに近い。UOの1人称視点Verってところか。
しかし、何でもできるのは結構なんだけれど、盗みのハードルが低すぎて低すぎて。スティック押し込んだで隠密モードにしたら後は背後から忍び寄ってボタン一つでスルだけ。空き巣も人のいないときに家に忍び込んでささっと物品いただいて逃げるだけ。(それぞれ見つかったらえらいことになるんですが)牢屋の住人にならないプレイヤーはどれだけいるんだか・・・。

街中歩いてたら人の死体が。
荷物漁ったら家の鍵持ってたので、実家探して進入→(゚Д゚)ウマー
なんだこれはw

ダンジョンを最深部まで探検して、さぁ引き上げるかと入り口にとことこ戻ってたら、途中で近辺の町の人を発見。NPCがダンジョン探検しに来ることもあるんですね。たまたま隠密で歩いてて背後が取れたので、スリに及んでみたら失敗。同じギルドの人だったのでギルド追放され、開き直って「うはwwwww衛兵いないwwwww」と切り掛ったらさくっと殺された。何でもありだなこのゲーム。

ただ文字が小さいからD3端子以上のTVじゃないと厳しいかも。

ところでこれを見てて思ったんだけれど

日本の典型的なRPGはボス戦で盛り上げるのを目標にして、それまでを作っている印象。対してOblivionはボス戦での盛り上げなんて考えてないのではないだろうか。(まだボス戦闘ってないけどこれまでの印象で)
むしろ与えられた世界でプレイヤーがどのように生きるかというのを開発側が試しているようにさえ思える。顔も人種も職業も自由に選べて、まさにロールプレイング(役割を演じるゲーム)ってか。

 

上記の動画は
◇ Niconorati (ニコノラティ) - ブログで今話題のニコニコ動画
http://pulpsite.net/niconorati/
からみつけたんだけれど、このサービスってニコニコ動画まとめとか作ったら「最近ブログにリンクされたニコニコ動画」が特定のブログで一気に埋まることになるんですかね。Forzaの動画とか一通り集めきったんだけれど、リンク張るのは気が引けますね。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear