忍者ブログ

当たり判定ゼロ(移転しました) シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトでした

RSS TWITTER RssTwitter

麻雀博物館

とにかく、ヒキが悪かったのです。
その日も私は負けて負けて負けまくりました。そもそも麻雀は7割がた負ける競技ではありますが、不可解の海に私は沈み、Rも沈む一方です。

経験上、こんなときは何かに責任転嫁をするのが一番だと私は知っているので、責任を擦り付ける何かを探していました。ご存知のとおり、麻雀は竹書房の陰謀に支配された競技でもあります。竹書房の発行する『近代麻雀』なる雑誌に、奇天烈なヒキをもつ人物が多数登場することもその証拠の一つといえます。

つまるところ、何もかも竹書房が悪いということになるのですが、そんな編集長が怖そうな顔をしているところに責任を押し付けるほど度胸はないので、こう考えてみることにしました。

竹書房への年貢が足りない

そう、そうだったのです。
神社に行ってもご利益を得ようと思えばお賽銭を投げなければならないではないですか。
噂によれば地獄だって金次第だそうじゃないですか。
いわんや現世をや、です。

というわけで、竹書房さん運営の千葉県にある麻雀博物館に行ってきたのです。(入館料500円)

 mj11.jpgmj12.jpg

東京都心から車で1時間半。千葉県みさき町にそれはあります。
でかい看板が道路沿いに出ているので、見逃すことはないと思います。
駐車場は広大ですが、土曜日の昼間なのに止まっている車は殆どありません。
みんな不景気が悪いのだと思います。

mah1.jpg 

駐車場からすぐのところに麻雀博物館はあります。
玄関の張り紙をよく見ると…。

mah2.jpg

『ムダヅモ無き改革』アニメ化のポスターでした。
大ファンなので、秋葉原のサイン会も行ってます。

 mah4.jpg mah5.jpg

中は意外としっかりした博物館。職員の人に聞いてみたら、写真撮影もOKだそうです。
昼過ぎくらいに行ったのに、館内のビデオ放送とか全OFFになっていて、私らの入館後に職員の人が電源を入れにいったのは、まさか午前の客がゼロだったということですか。そんなことないよねバーニィ。

誰もいなかったので、快適に見ることができ、写真撮影ものんびりと行うことができました。
これも不景気が悪いのだと思います。

mah8.jpg mah3.jpg

袁世凱が使ってた牌とか、人骨牌とか、巣鴨プリズンでA級戦犯が使ってた牌とか、博物館としての品質でいうなら、ガチ。普通に感心してしまいました。
中国やアメリカ等、諸外国から集めてきたモノが多く、蒐集家としての執念を感じます。

mah7.jpg

自動麻雀卓のはしりだそうです。ボタンを押すと、牌がマグネットでうねります。
いや、本当にうねるんですって。うにょうにょ動きます。

mah6.jpg

アメリカのローカル役「CIVIL WAR」
本当に連中は南北戦争が好きですねぇ。
「ジョニー!これでツモだ!」
「なんだい、ロブ。手になっていないじゃないか」
「ジョニー、よく見てみろよ、南・北・1861・1865……これがなんだかお前もアメリカ人ならわかるだろう?」
「Oh!!南北戦争じゃないか!よくこんなの思いついたな、お前がNo.1だよロブ!HAHAHA」
「HAHAHA!U・S・A!!U・S・A!!」

たぶんこんな感じで作られた役だと思う。

mah9.jpg

竹書房運営なので漫画コーナーもあります。
以前、麻雀について僕が語ろうさんで見かけてから一度読みたいと思ってた森義一先生の『雀鬼流転』をこんなところで目にするとは。実際に見た義一ハンドはセンスが地球一周しているくらいカッコよかったです。
表紙だけで圧倒的な存在感。いつか中も読みたいものです。

 

一般的に「世界で唯一の~!!」とか題しているところはイっちゃってるセンスのところが多い中、麻雀博物館は世界で唯一の麻雀にかかる博物館ながら、博物館の名に恥じることのない抜群のクオリティでした。

そして帰ってきてから数局打つも、神が光臨するということもなく、相変わらず代わり映えのしない内容の戦績。

mah11.jpg

サンクルー競馬場でフランス競馬見てきた

帰国して凱旋門賞見てからの更新。しかし、シーザスターズ強いですねー。メリットは無いかもしれないけれど、ジャパンカップ来てくれないかなー、と日本の一競馬ファンとして願います。

7f8e5655.jpeg 008cf81b.jpeg

せっかくフランスに行ってきたので、競馬好きとしては欧州競馬を見ずには帰れず。てなわけで、たまたまサンクルーで競馬が開催されているのがわかったので、サンクルー競馬場に行ってきました。
行き方は、パリ市内から国鉄でVald'Or駅で下車、徒歩5分といったところ。ごらんの通り、田舎駅ですがパリ中央部からはそう遠くありません。競馬場の地図を持ってくるのを忘れたので、降りてから適当に歩きましたが、案外分かっちゃうもんですね。

45394103.jpeg 4fae2143.jpeg

正門、そしてレープロ。

3380b039.jpeg 5fe77c23.jpeg

場内はわりとコンパクト。大きさ的には日本で言うと宮崎の育成牧場が近いかなぁ。JRAのスタンドと比べるとかなり小さいです。

00fd4287.jpeg c849881e.jpeg

パドック。フランスは馬との距離が近くて良いですなぁ。騎手とも近いし。後述するけど、ペリエに声をかけられたのはこの近さのおかげ。

c71d64d4.jpeg 01384e9d.jpeg

スタンド内はこんな感じ。わりとこざっぱりとしていてきれい。
フランスの競馬場ったら蝶ネクタイとかした紳士がいっぱい居て、カジュアルな格好して歩いている東洋人が居たら蹴っ飛ばされるのかと思ったけど、そんなことは無かったです。安心安心。

bf2c8d95.jpeg 191ddd15.jpeg

馬券を買ってみた。左の写真がマークシートで右の写真が馬券。ペリエの乗鞍があったので、その馬の単勝を。
買い方も良くわからなかったけれど、勘でマークシート塗りつぶして販売窓口に持っていったら買えました。競馬場のルールは世界共通だね!
ちなみに券売機っぽいのもあったけれど誰も使ってなかった(券売機じゃないのかもしれませんが)。わざわざマークシート塗りつぶして、窓口に持って行って人から買うってのがシュール。

84add71a.jpeg 2466f9ad.jpeg

スタンド内には歴代のサンクルー大賞を勝った馬の勝負服が展示されていて、エルコンの勝負服も展示されていました。良かった、フランス人は遠い東洋から来た一頭の馬のことを忘れていなかった。ほんとこういうの見るとジーンときますね。欧州人の歴史への敬意の払い方ってのは見習いたい。

ea7279b1.jpeg 6adb32c5.jpeg

歴代のリーディングジョッキーも展示・・・と思ったら武さん、武さんやないか!!こんなところで見るとは。
というか97年以降のペリエの写真がどれもおちゃらけてて吹いたwこんな栄えある写真を友達と撮った記念写真みたいに出来るのは、さすがだなぁ。

86b87098.jpg

レース後、パドックのフラフラと歩いているとペリエ発見。
ペリエー!!ペリエー!!」と呼びかけると
「あ、こんにちはー」と流暢な日本語で返してくれました。ありがとうペリエ。噂には聞いてたけど、イントネーションが完全に日本人のそれ。
「日本から来ましたー!頑張ってください!」と続けてみたものの、よくよく考えると日本語で返してくれてる時点で、日本人だってバレてるわけで、「日本から来ました」は無いよな、と我ながら。つーか発音でバレたのか、ペリエ恐るべし。

449df2fb.jpeg

レースコースの中央には各国の国旗が掲揚されていました。残念ながら日本の国旗は無し。やはり遠征実績も少ないし、日本はフランスにとって遠い国なのだなぁと実感。

てなわけで、サンクルーとはここでお別れ。
こじんまりとしながらも、品位のある美しい競馬場でした。また来たいなぁ。

 で、続いてロンシャンにも行ってきました。

サンクルーからだと、国鉄でラデファンス駅まで行った後、メトロ1号線でポルト・マイヨ駅下車。そこから244番線のバスでブローニュの森を通って約10分といったところです。

1eed762d.jpeg 694504b8.jpeg

バスで移動。案内板にもロンシャン競馬場の場所が明示されているので分かりやすいです。

26708478.jpeg

が、レースが無いので閉鎖っ!!無念っ!!

まぁ知ってて行ったので、競馬場の周りを一周散歩してから帰ろうかと・・・したらえらいデカイですな。歩いてて足が棒になるというか競馬場はデカくて当たり前というか、やっぱり俺はアホなのかと思うのでした。

5c01c604.jpeg 4e76d62f.jpeg

これが映像で何度も何度も何度もみたロンシャンのスタート地点(2400M)と最初の坂。自分が実際ここにいるとは実感が無かったです。ロンシャンってのは夢の中の世界でしたので。アニメやゲームや映画の中の世界に入ったような感覚です。

a4cba1a0.jpeg

うーむ。美しい。

bada258c.jpeg b001d864.jpeg

正面入り口。レースが無いからか工事してました。中には入れず。

しっかし、フランス行きが一週間ずれていれば・・・と惜しまざるを得ない。
一度で良いから、凱旋門賞を現地で観戦したいもんですねぇ。

フランスのオタロードことケレー通りに行ってきたよ!

49de9c78.jpg

パリ市内はメトロバスティーユ駅から徒歩5分のところにある、ケレー通りに来てみたよ!人呼んで、フランスのオタロード!GoogleMap
オタロードと一言で言っても日本と比べると規模は小さく、人もまばらです。秋葉原や日本橋みたいなところを想像しちゃいけません。まさにサブカル。通りの長さは300mくらいかな。店員がちょっと怖そうな店もありました。というかフランス人はみんなでかいから怖い。もっとひょろっとした安心できそうな奴はおらんのか。

b1de4d4f.jpeg 6d771be7.jpeg

歩いていると、いかにも!って感じの店が出てきて思わず笑みがこぼれる。平日の昼だからか、全くといって良いほど(4店舗で3,4人くらい)、お客さんがいませんでした。
数少ないお客さんがいかにもまんが買いそうに無い人たちというルックスでほんのりとした異世界感がありました、というのは白人に偏見持ちすぎかな…。でもすげえきれいな金髪で小柄なお姉ちゃんが、10冊くらいまんが抱えてショッピングしてたのは衝撃でござった。やはり向こうの人は1度の買い物のロットの感覚が違うのか!そうなのか!

中の様子はこんな感じ。

037d5658.jpeg f98adc63.jpeg

日本で言うとこじんまりとした個人の経営する本屋というイメージが近いかも(というか実際そうだろうけど)。まんがもさることながらフィギュアやTシャツなんかのグッズも揃えているあたりさすが。

f9070eb2.jpg

『ラ・メランコリー・ハルヒ』
突然深刻な精神病のような印象に!ふしぎ!

ee8bb3e7.jpeg 39bc38b7.jpeg

80b65362.jpeg 4b8bd491.jpeg

すっきりとした展示がいかにも欧州風。
というか日本語のままの本が意外に多い。他の店舗だと9割くらいの本がフランス語で書かれていたけれど、この店は直輸入が魅力なんでしょうか。値段は日本の同じものと比べるとやや高め。欧州の物価の高いこと高いこと。

 ac2d4b5b.jpeg 07f52d3f.jpeg

新品を8割引とか平気でやっててすげえ。
猫天ちょうど読みたかったんだよね!ハンターハンターも21巻読んでなかった。まさかフランスで買えるとは!ありがてぇありがてぇ・・・・・・全く内容理解できねぇ・・・。

ed3b5c55.jpg

ホテルに戻って購入物をパチリ。左側のオレンジの袋、裏返すと思いっきりアニメ柄の美少女が書いてて、俺はどこのコミケ帰りかとフランスで自問する羽目に。
しかしドイツに続いてフランスでもヘルシングを買ってしまった…。これで日本語と合わせて3ヶ国語コレクト。少佐の死に様も3倍楽しめるね!
フランス版の装丁は、日本のと似ててツルツルしてる。美しい装丁がフランスっぽい。擬音は日本語のまま。
ドイツ語の装丁は再生紙っぽくて、コンビニで売ってそうな感じ(日本のコンビニの本棚に並んでるアレだよアレ!)。環境への配慮がドイツっぽい。擬音はドイツ語に変わってて(「SPLOSH!!」とか)、ぼくたちの考えるアメコミのイメージそのまま。

一番驚いたのはNHKにようこそ!(フランス語版)があったこと。フランス人にアレが理解できるのか・・・。というか結構マイナーなまんがでもフランス語化されてたりして、ラインナップは案外強力。中国だか韓国だか知らないけれど、他のアジアの国っぽいまんがも翻訳されて置いてました。

まんが置いてる店舗の数としては4店舗くらいで、事前に調べていたいくつかの店は潰れていた(あるいは見つからなかった)のが残念。

ちなみに、店内の写真はちゃんと許可いただいて撮っています。
勝手にパシャパシャ写真を取り出すと、またこの出歯ガメ野郎が!とか言われるのでそのようなことはしないようにしましょう。礼儀正しく振舞うと、ムッシュと呼んで貰えるので非常に嬉しいですよ。きっと。

おまけ

14fdb115.jpeg

通りの向かいにあったゴスショップ。今やオタとゴスがセットなのは向こうでも同じようです。

fef638c2.jpeg

怪奇!日本の河童はセーヌ川に進出していた!

今では反省している。

ある晴れた日、ドイツのビール祭りで

本場ドイツのオクトーバーフェストに行ってきたよ!

0e102342.jpeg 8c495f55.jpeg

朝8時にTheresienwiese駅に到着。明らかにそれと分かるドイツ民族衣装っぽいのを着ている人たちが会場目指して歩いているのでばっちり尾行。ぶっちゃけ開催していると言う事実しか調べてなかったので、完全にルールがわからず、挙動不審であります、サー。
そこらにビールメーカーの巨大テントがあり、人気メーカーのテントはこの時点で既に行列。

d22418ed.jpeg

お化け屋敷があったり、観覧車があったり、ジェットコースターがあったり、メリーゴーランドがあったり。
遊園地を使ってるイベントっぽい。こんなことも知らなかったよ!
ちなみにジェットコースターはビール3L飲んだあと、せっかくだからという理由で乗ったらフェータルなダメージを負いました。みんな、お酒を飲んだあとの運動はほどほどにしよう!

0ccc6898.jpeg b5a276c5.jpeg

9時になり、適当なテントが空いてたので入ってみる。中の様子はこんな感じ。人がぎっしり。
注文のルールも分からないので空いているところに所在無さげに座っていると、「そこ空いてるか?」とイエスキリストっぽい人が声をかけてきたので、空いてるよと返事をすると仲間を連れてきた。
その数、約15人。完全に囲まれて幸先悪くドン引き。なんでもイタリアから来たらしい。たすけて日本のえらいひとー。

01d18351.jpeg 022bd0bc.jpeg

ジョッキは1杯1リットル。おばさん、1回でこれくらいの量を持ってくるの。すげえ。

んで、先述の彼らイタリア人たら、すげえ良い奴だったりして。僕の片言の英語でも何とか会話でき、ありがたく仲間に入れてもらうことができました。パッと見不良の奴が、優しくしてくれた感じでキュンときました。
イエスキリストも、どうみてもジローラモにしか見えない奴も、来週結婚するとかいうのにその辺の女の子ナンパしてた奴も、どうみても中日の和田さんにしか見えない毛の薄い人(和田さんは禿げてないよ!)も、すげえ良い奴でした。サンキューイタリア人たち!

つーか、彼らすげー勢いでその辺の女の子達にちょっかいかけてたの。その恩恵でドイツ人やアメリカ人の女の子と話せました。どうもありがとうございました。

7b6528df.jpeg

彼らに失礼して外に出てみると、結構な人の数に。

05432fee.jpeg bf9f7633.jpeg

こういうパレード見ると外国のお祭りって感じがするね!
外国は年配の人が半ズボンの民族衣装着てたりしてかっけぇ。けど、日本のおっさんの半ズボンは見たくない。ふしぎ!やっぱり日本は着物だね。

e1ca4ca0.jpeg

ジェットコースターに乗ったりショーを見たりした後、退散。満足満足。
良く考えたら退場するときになってはじめて入り口を見たわ。来るときは全然わからなくて、周りがまったく見えてなかったなー。ちゃんと見学したい人は、下準備をしっかりしましょう。

おまけ

f88e9418.jpeg

翌日に行ったノイシュヴァンシュタイン城。ばっちり工事中です。やったね。
途中の駅でおばあさんに話しかけられて、乗り換えの電車とか親切に教えてくれました。ありがとうドイツのおばあちゃん。ただし、乗り換えの電車は既に調べて知っていたことは秘密だ!

4b44794a.jpeg

ノイシュヴァンシュタイン城と、にとり。今では反省している。
ぶっちゃけ「Oh,Pretty Girl!!」とか誰かからかってくれるんじゃないかと思ってたけれど、ガン無視でした。まぁそんな目立たないか。

外国でジャパニーズをたくさん見た

引き続き、パリ滞在中。日本人がたくさん見られると噂のモンサンミシェルに行ってきました。 

行きのバスからしてマジ日本人だらけ。おばちゃんは日本にいるように騒がしかった。しかし日本人同士で言葉はわかるんだけれども、誰もお互い声はかけず。何なのこの気まずい世界。これがJapaneseGisuGisuね。

277fedf0.jpeg

bed52919.jpeg c41f6f4f.jpeg 

でかぁぁぁぁぁい!!説明不要!!とか現地で言ってた。今では申し訳なく思っている。
しっかし、よくもまぁこんなでっかいオブジェクト作るね。グランディアの「世界の果て」みたいな巨大オーパーツ的なものが好きで好きでたまらんのですが、これも人類が滅びたら謎のオーパーツとして後世の支配者に不思議がられるのかなぁ、と夢想。僕も金持ちになったらこんな謎の建築物作るのが夢ですが、なんとかなりませんでしょうか。主に金銭面で。

b681ca20.jpg

ごゆっくりしていってね!
おもいっきり日本語。坂も多いし、海に囲まれてるし、江ノ島的雰囲気が抜群でした。

0a3656f8.jpeg 906ca3be.jpeg

せっかくなので俺はモンサンミシェル名物のオムレツを食べるぜ!
なんでも貧しい時代に巡礼者の腹を膨らせるため1つの卵を薄く伸ばして作ったものだそうだ。つまりよくよく考えると卵だ。スープはイモスープだ。戦時中みたいな味がした。
のども渇いたので水も頼んだ。1L7ユーロだ。しめて2人で40ユーロ払った!卵と芋と水で約5500円だ!ドイツでヌードルスープ+トマトパスタを頼んで「まいったな・・・麺と麺が被ってしまった」状態になった以上の衝撃だ。やっぱり観光地ってのはこうでなくちゃ。

3f8dfbe5.jpeg

今日の晩飯。「Surimi」とか書いてたので条件反射で買った。Surimiが外国で使われてるとはしらなんだ。Surimi is Grobal Standard!!
・・・想像を絶するくらい不味くてオラもうどうしたらいいのか。

d8476fc4.jpeg

そういや、エスカルゴも食べてみました。3.5ユーロと案外安価(その辺のカフェで食べたからかなぁ)。味はサザエみたいな感じ。見た目もさざえ。もしかして小さいサザエ食ってたんじゃなかろうかと不安になるレベル。

明日からはまた宿を変えるのでネット使えるか微妙かなー。

Clear