忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

新書365冊

新書365冊 宮崎哲弥 朝日新書

宮崎哲弥が最近出た新書の中から365冊を選んでそれぞれベスト、ベター、ワーストにセグメント化したもの。
テレビに良く出演しているため、筆者の歯切れのいいキャラクターは知っているつもりではありましたが、全体的に辛口な文章に驚きました。また、全体的に難解な表現が多く、少し読み辛いかも。「日露戦争からおよそ百年の星霜を閲した」とか言われても意味はわかるけれど読み辛いですよ。全体的にこんなんです。
ただ、知識を持った人間に良著を分類してもらえるというのは読者としてはかなりありがたい作業と言えるわけで。さらに筆者は批判的な視点を持って各書を分析しているので、紹介された本を読んだ後で「こういう見方もあるのか」と2度楽しめるかも。
あと、宗教についてやたら多くのページが割かれていました。どうも宮崎サン、宗教がお好きのよう。あとがきの文章からも熱が伝わってきました。

とりあえず、紹介された本の中で私が興味を持った本を以下にリストアップ。

  • 日本の「ミドルパワー」外交/添谷芳秀
  • 超入門 日本国債/代田圭之
  • 有事法制/森本敏、浜谷英博
  • 「憲法九条」国民投票/今井一
  • 狂気と犯罪/芹沢一也
  • 隠すマスコミ、騙されるマスコミ/小林雅一
  • 日本はどう報じられているか/石澤靖治
  • インターネットの法と慣習/白田秀彰
  • 経済政策を歴史に学ぶ/田中秀臣
  • 「小さな政府」を問い直す/岩田槻久男
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
おー
買われましたか。

僕も読んでみようっと。
市長 2006/12/19(Tue)00:45:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear