忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

さみだれは別にパンツ漫画じゃないことを知ってもらいたい

sami.jpg

ひゃーひゃっひゃっひゃ!(三日月風に)
「大人はもっとカッコよくないといけないですよ。大人がカッコ悪い世の中に子供達が希望なんて持てるわけないでしょう?」とか会社でリアルに言っちゃう痛いりくぜんさんが、一日千秋の思いで待ち続けてきた惑星のさみだれドラマCDがきたよー!・・・ぶっちゃけその辺の考えは「さみだれ」は教科書。ビバ!ださくてカッコいい大人!!

で、ドラマCDなのですが、配送されてきた点でテンションマックスで有頂天なので、これ書く前にまだ聞いてなかったり。あとで追記。

というわけで聞いてみた。面白かったよ!てきとーに感想羅列。

  • さみだれの関西弁がいわゆるドラマ的コテコテ関西弁。水樹さんそれ、じゃりん子チエや。
  • ノイの声が妙に渋い。なんぞこれ。あのトカゲ渋い。
  • カジキマグロの騎士は担当のアイディアだったらしい。水上先生ノリで採用。
  • 秋谷稲近人呼んで師匠は出してほしかったなぁ。キャラが強すぎて舞台壊れるから難しいところかなぁ。というか本人自身は本編にはあんまり絡んでないし。
  • 水樹奈々×白石稔のラジオパートなげえええええ。普通の声優トークになっているでござる。
  • アッーネタ吹いた。・・・南雲さんの腕枕ぁったかぃ・・・。
  • お、女同士でデート・・・?「とりあえずわたしの家に」
  • 本編どおり家でグダグダ酒飲むシーンがあって安心した。これでこそさみだれ!

たまにはこういうノホホンとしたのもいいけど、やっぱ本編のやや説教臭いシナリオが最高だな、と。ドラマCDじゃああいうのは描けんからねぇ。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear