忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

普通の日記

東京からKさんが遊びに来ていたので、一緒に司馬遼太郎記念館とか日本橋に行ってきました。
梅田の地下街も歩いてきたんですが、梅田地下街の迷宮っぷりときたら

ちょこっと話したことなど。

  • 司馬遼太郎は一種の天才であり変態。知識欲は万人が持っているものだが、極端に高いのが彼。無趣味であるというのもそれを象徴しており、嗜好の偏りを窺わせる。蔵書は娯楽小説などなく、「~史」などの「資料」や「文献」と表現した方がいいような書籍ばかり。
  • 同人業界は発展や衰退というよりは規模的には横ばいで推移するのではないかとの見解で一致。コミケの中止などの予測不能な要因による衰退はあるかも。ただし、個人的には小売店は過当競争の状態にあるため、これから淘汰は行われていくようにも思う。
  • 日本のアニメはマクドナルド的な展開をしている。質は悪くともチープであることによる優位性で押しているのではないか。
  • 公務員はやっぱり勝ち組だぜー。

 

ちなみに日本橋で、だんえた2を買ってきました。
ローグライクのRPG。感想なんかをまた今度。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
無題
おそろしく教養ある会話に絶望
市長 2006/12/10(Sun)15:01:43 編集
マクドナルド的
チープというか、日本アニメのスタイルが支配的になれば
手間の割に商業的に利益の薄い手法の作品の発展を阻害するんじゃないかという話。
あと梅田のダンジョンっぷりはガチ。
置いてかれたら帰れないとこだった。
2006/12/11(Mon)19:41:03 編集
無題
なるほど。
実はうろおぼえだったので突っ込み待ちの項目でした。
近いうちに梅田をモデルとしたダンジョンマスターの新シリーズが出てもおかしくないというか出ろみたいな。
Rikzen 2006/12/12(Tue)00:19:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear