忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

トラウィー体験版等

誰がなんと言おうとこの略称で行くつもりです。

WS00242.JPG

トラブル☆ウィッチーズの体験版がついにUPされていたので、即DL&Play。
まるで現代アレンジのかかったファンタジーゾーンだなぁと思ったのですが、稼ぎの方法が判った瞬間に一変。基本的には敵弾を魔法で止めつつ、敵本体を撃破し、止めた敵弾をコインに変換し、ショットボタンを離して吸収という動作になるのでしょうが、意外とこれが忙しく。稼ぎを無視して進めようと思えばイージーこの上ないのですが、稼ぎを意識した途端難易度が上がるという絶妙さ。これはいい。

ところで、一般にゲームというものは

  1. STGならSTGでそのジャンルのみをストイックに表現したもの
  2. 本筋となるジャンルに他のジャンルを味付けとして付与したもの

の2つに大別されると思うのですが、本作は後者。なんでそんなことを言うかというと、会話部分がとにかく長く(Skipできますが)、ADV的な印象を持たざるを得なかったのです。そのおかげかキャラのたちっぷりが激しく何が言いたいかというと1面ボスのチャイム=ブラウンは萌えるというか車掌服はかわいすぎるだろう!ということなわけで再登場期待なわけであります。

 

WS00239.JPG

今日遊んだSTGその2。西方Projectの新作「幡紫竜」体験版。
こちらはキャラゲーの要素があるように見えて、セリフは画面上部にさらさらっと流れるだけという程度に止められており、あくまでサクサクSTGを遊んでもらうことが主眼。敵の弾幕は今時のSTGにしては速度が速く、弾の密度ばかりが増していく東方Projectとは一線を画した進化になっています。(いわゆる彩京系ってほどではないけど)
敵弾にかすることによって画面上の得点アイテムを集められるってのが結構快感で驚き。画面上部であればあるほど得点が高くなるので、画面上部で敵を撃破しつつ敵弾にかすって得点を集めるというマゾにはたまらん仕様となっております。
しかし難易度が高い。体験版は3面まであるのですが、未だノーミスでクリアすること叶わず。初見殺しもこれでもかこれでもかというほど出てきており、これを一発でクリアできる人は神というかもっと他の分野で尊敬されるべきだと思います。

C72で買うものがまた増えた・・・。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear