忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

Sid Meier's Railroads!

箱庭職人ことシドおじさんのA列車で行こう!

本当にシドが作ってるのかどうかは知りませんが、エラー音がCivilizationと同じってのだけは判りました。
Demoステージしか遊べませんが、ゲームの印象はそれだけで掴めるはず。リンク先の記事にもあるように、基本は都市と都市をレールで繋いで駅を置くだけ。あとはそこに列車を走らせます。
駅ごとに積載する荷物を設定できるのですが、荷物を積みすぎるとそれに比例して列車の速度が遅くなります。ただし、荷物の輸送量に応じて報酬が増加します。
また、列車自体も維持費を食うっぽい感じ。

要は、それら経費を上回る利益を上げられる積荷の設定とルート設定をしていけば良いわけで。

しかしこれは私には合わなかったなぁ。同じ場所でせこせこと状況をブラッシュアップしていくのは非常に根気がいる作業だと思います。このゲームの楽しさは直感的な楽しさじゃなくて、理屈の楽しさなんじゃないかと。
鉄道ってジャンルのせいもあり、一般受けしないんじゃないかなぁ。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear