忍者ブログ

当たり判定ゼロ シューティング成分を多めに配合したゲームテキストサイトです

RSS TWITTER RssTwitter

大容量オンラインストレージサービスの比較

先日100MB以上の大容量ファイルをアップロードする必要があったため、大容量のオンラインストレージについて調べてみました。日本だとFilebankなんかが有名だけれど、海外にはもっとすごいストレージがたくさんありました。最終的に利用したのはOmnidriveというサイト。1GBまでの容量を誇るオーストラリア発のサービスだそうです。

今回私が求めた条件は2つ

  • 100MB以上のファイルがアップロードできること
  • DLするのに会員登録か専用のアプリケーションを必要としないこと

以上の条件を満たすサイトをリストアップしました。
それぞれの使用感として良いところ悪いところも補記しています。

◇ MediaFire

media.jpg

直感的なインターフェイス。

良いところ

  • 使い方が直感的でわかりやすい。画面中央の「参照」からファイルを選んで、下の緑のボタンを押すだけ。小さいファイルならここがいいかも。
  • ファイルにURLをつけて公開することが可能。

悪いところ

  • 100MB以下のファイルしかアップロードできない。昔は無制限だったらしいが・・・。
  • 専用ソフトがないため、アップロード速度がそれほど速くない。

 

◇ Omnidrive

omni.jpg

Exploreで慣れ親しんだインターフェイス。

良いところ

  • 1GBまで無料。1ファイルごとの容量制限はなし。
  • 専用ソフトによる管理も可能。
  • ファイルにURLをつけて公開することが可能。

悪いところ

  • ちょっとだけ敷居が高い。

その他の特徴

  • 有料で50GBまで容量増可能。

 

◇ Megaupload

megaup.jpg

多機能なだけあってごちゃごちゃ入り組んでいるインターフェイス。

良いところ

  • 無料で50GBまで使用可能。
  • 自分でアップロードしたファイルがダウンロードされるとポイントが貯まるポイントサービス。
  • 専用ソフトでの管理が可能。
  • ファイルにURLをつけて公開することが可能。

悪いところ

  • 広告が多い。
  • 国別の帯域使用制限がある。日本なんてすぐに制限オーバーになって使えなくなる。
  • 多機能でややこしい

その他の特徴

  • 有料サービスで広告を少なくしたり、国別帯域制限を回避できたりする。

 

◇ Filebank

filebank.jpg

実はこれだけ会員登録してない・・・。

良いところ

  • 日本発のサービスであるためとっつきやすい。
  • 無料で100GBまで利用可能。

悪いところ

  • フリー版は3日間ログインしなければファイルが消えてしまう。3日間という期間はあまりに短い。
  • DLする側が少し手間。IDとPASSを入れなければならないため、1クリックでDLというわけにはいかない。

その他の特徴

  • 有料サービスで保存無期限容量無制限になる
  • 有料サービスで高速DL可能になる

 

総合的にみてOmnidriveがやはりオススメ。
国別制限さえなければMegauploadもいいんだけど・・・。

Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear